Newsお知らせ

2022.11.04

牧野フライス製作所製「UPX600」を3台導入しました。

新電源を装備することにより「加工面の大幅向上」を実現されたモデルです。

加工面の向上により磨き作業が簡易化され、磨き作業の天敵「加工時のスジ」もほとんど見受けられなくなりました。これによりコーティング迄の作業時間を大幅に短縮出来ました。ピッチ精度もすこぶる良く、特に真円度は1µm以下です。(下記特殊仕様に基づく)

弊社のUPXは特注仕様の為、フレーム剛性、テーブル剛性が標準機より大幅に向上しており、全軸自動オイル潤滑となっております。更にはテーブル厚みup仕様の為、ワイヤ線とテーブルのクリアランスが0mmとなります。これにより材料ロスの大幅軽減、金型設計の簡易化が達成されました。

UPX600をご購入の際は上記特殊仕様を強くおすすめいたします。

2022.09.30

岡本工作機械製作所製「Ixus95Premium」を導入しました。

開発コンセプトは「再現性=剛性」

研磨機の常識である「x軸はテーブルが駆動する」という概念を覆した機種となります。本機は「x軸は主軸が駆動」します。

テーブルを摺動させるためのクリアランスが無いので、テーブルの浮上、加工圧力による油膜逃げが起こらず、極限なまでの並行度、平面度を実現されており、油圧レスのサーボ駆動の為、機械自身の熱変異が限りなく0です。全軸自動オイル潤滑ユニットも装備されております。

モニタ画面内も一新されており、40個のワーク座標の設定、左記同数の加工条件が保存できるようになりました。これにより、厚みや材質違う複数枚のワークを1サイクル内で同時に加工ができるようになり、作業待ち時間が大幅短縮されました。これも主軸駆動のメリットです。

精度は研磨機とは思えない程良く、ピッチ補正が不要でした。剛性はレベル出しによる精度変化がほぼ起こりません。主軸は研磨機に使用するにはオーバースペックなBT50以上相当を使用しております。

砥石交換は自動サイクルの為楽々行えます。本機は現状弊社にのみございます。事業内容に機械の画像を追加しております。

2022.05.31

アイダエンジニアリング製「A-PCS」を導入しました。

鋼板溶接無し、「一体型鋳物フレーム」のプレス機です。「金型寿命の向上」「騒音の低減」が実現されました。事業内容に機械の画像を追加しております。

2020.08.31

ホームページをリニューアルオープンしました

ホームページをリニューアルいたしました。今後とも株式会社IKSをどうぞよろしくお願いいたします。